入れ替え戦

こんにちは。コーチの岡田です。

昨日11月27日に行われましたA2リーグ昇格をかけた愛知教育大学との試合が愛知県パロマ瑞穂ラグビー場にておこなわれました。終日雨が降り気温も低くコンディションはとても良好といえるものではありませんでした。また、入れ替え戦。大きな競技場。負けたらおわり。という異様な雰囲気の中試合前のロッカールームでも緊張する選手の姿が多く見受けられました。


試合開始早々に連続で3つトライを重ねました。モールからのトライ。フェイズを重ねた中でのトライ。セットプレーからのトライ。コンバージョンもきまり気づけば17-0と大きくリードする展開になっていました。選手達もの雰囲気も良く学院ペースかと思われましたが、前半終了間際ミスの連続で相手にトライをゆるしてしまいました。スコアは17-5で前半を折り返しました。

シーズンなら後半も学院ペースで逃げ切ってきましたがA2ともなると勝つことは容易ではありませんでした。後半、流れは前半とは打って変わって愛知教育大学のペースでした。後半にもトライを2つゆるしてしまい17-15と2点差となりました。残り時間は25分以上残っていました。しかし、今までみたことのない怒涛の粘りを学生たちはみせてくれました。何度もピンチがありながらも自分たちで鼓舞し全員で声を出す姿や、一人のミスを全員でカバーする姿も見受けられました。そして試合はノーサイドに。見事2点差を守りにぬき試合に勝利しました。


長く苦しい試合でしたが今季一番の試合でした。

シーズンでは全勝をかかげてやってきましたがそれができなくても、リーグ昇格することができました。1年という長いようで短い日々で決して楽なことばかりではなかったと思います。しかし、しんどいことをしてでもこうして最後悲しみではなく喜びの涙を流すことができるのも辛いことを乗り越えてきた証だと思います。

そして、11月27日をもって引退する塩谷天希、田宮悠斗、矢田寛貴、西山佳登、西川航平。本当にお疲れ様でした。長いラグビー人生に幕を閉じる者もいると思います。しかし、どのステージにいっても金沢学院大学ラグビー部を卒業したと胸をはって言ってほしいと思います。

そして、先輩方から受け継いだものを後輩はしっかりと引き継ぎ強豪が揃うA2の中で闘ってほしいと思います。


最後になりましたがお足元の悪い中たくさんの応援にきてくださりありがとうございました。今シーズンは27日の入れ替え戦をもって終了しました。しかし、それと同時に次のシーズンの始まりでもあります。リーグがあがり厳しい闘いが増えてきます。また、チーム一丸となって闘っていくので応援よろしくお願いします。